エアウェーブ

エアウェーブ

エアウェーブは、限りなくナチュラルな質感をめざす為、
髪の【温度・水分量】のバランスを ”空気の力” を活用してコントロールします。
軽やかで美しい、そして、みずみずしい質感。
そしてくりかえしかけられる、やわらかな仕上がり。
【空気で仕上げるまったく新しい技術】
パーマの可能性がぐんと広がります。

デジタルパーマが熱でカールを作るのに対し、エアウェーブは空気・風の力でパーマをかける最新技術です。
髪が傷みにくく、やわらかくてみずみずしい仕上がりが期待できます。
デジタルパーマと同様に、エアウェーブで作ったカールは髪が乾くと再現します。
これまでデジタルパーマによるパサつきが気になられた方には特にお勧めです。

○メリット:
・自分でカールの再現が出来なかった方でも、とても簡単に巻髪やわらかいスタイルを作れる。
(特に巻きすぎないカールや、しっとりとした質感をお求めの方に最適です)
・カールが長く持続する。※1
・空気の力を使うため、施術時のダメージが少ない。
×デメリット:
・縮毛矯正をした髪にはかからない。
・施術後はニューヨークの硬水の影響で髪がパサつきやすい。
・施術の工程に時間がかかる。機械音が大きい。※2

【HEARTS NewYorkのエアウェーブ】

  • ・毛髪の中にあるコルテックスという物質を動かすことでウェーブをつくり(形状記憶させ)、同時に髪の表面を被っているキューティクルも整えていきます。
    通常、パーマをかけた髪は少なからず、きしんだりごわついてしまう感じを受けてしまいますが、エアウェーブでの施術の場合、髪の損傷はあまり見られず、むしろかけた後の方が柔らかい手触りになったと感じられる方さえいらっしゃるほどです。
    しかし、どんなに良い器材を使用していても、使用する薬剤の品質が悪かったり、それを的確に選定する技術がないのでは意味がありません。
    HEARTS NewYork Salonでは、TOPブランドメーカーの高品質な薬剤を使用し、さらにそれを細かくオリジナル調合することで、お客様それぞれの状況(髪質や毛量、これまでの施術ヒストリー)に対してより的確で最適な(ダメージを極限に抑えた)アプローチを可能にしました。
    余計なダメージリスクを軽減させることで、エアウェーブに期待するポテンシャルを最大限に引き出すことができます。
  • ・パーマのリスク緩和におけるHEARTS NewYorkの原則に妥協はありません。
    【最適な薬剤選定】
    【的確な薬剤反応の判断】
    【繊細な熱処理の技術】

こだわりによる仕上がりの違いを是非お楽しみ下さい。

  1. ※1. スタイルや髪のダメージ、毎日のケアの方法により異なります。持続は2~3か月程。
  2. ※2. 施術時間はカット等全てを含め3~3.5時間程頂いております。
MENU
デジタルパーマ
縮毛矯正
エアウェーブ
コントロールスムージング
カット